難聴兄貴に終止符。こ↑こ↓論争の3つの説と4つの検証から結論を見出す記事

こ↑こ↓

こんばんは、蓬莱です!

今回は久々の淫夢記事です。このブログは、これまで様々な淫夢の謎の解明に努めてきました。今やこのブログの筆頭人気記事となっている「イキスギィの記事」や、「かっこ語録の検証記事」が良い例ですね。

 

今回は、淫夢の1つの謎である、野獣先輩の有名語録「こ↑こ↓」について見ていきたいと思います。

この語録は知っている方も多いように、「何と聞こえるか」という点で論争にまで発展しました。議論が始まったのは2011年初期頃だと思いますが、7年経った今でも明確な回答は見つかっていません。

ここは蓬莱さんの出番です。さっそく見ていきましょう!

続きを読む

独り言が多いのは病気じゃない!一人暮らしなら直さなくても大丈夫だぞ!

アウトな独り言

こんばんは、蓬莱です!

突然ですが、皆さんは独り言は言いますか? 蓬莱さんはガンガン言いまくっています。言うどころかむしろ好きです。オ〇ニー並みに日課になっています。

 

世間一般では独り言は悪という認識が成り立っています。

人生には、学校や会社にいる時、歩道を歩いているとき、家でリラックスしている時など色々な場面がありますよね。それらどの状況でも独り言をすれば、おかしい奴だと思われてしまいます。

 

しかし、実際に独り言をぶちまけちゃっている蓬莱さんは、一般の認識はちょっと改めた方がいいのかなと思っています。

筆者ほど独り言が上手な人からすれば、むしろ我慢する方が精神に影響を及ぼしそうな気がするのです。

というわけで、今回は「一人でいる時の独り言は直す必要はない」というテーマの下、話を進めていきたいと思います!

続きを読む

田舎は都会よりセックスが盛んなのか?Rの主成分分析で調べました!

1ヶ月のセックス数

こんばんは、蓬莱です!

突然ですが、蓬莱さんはエロ同人誌が大好きです。同時にエロ商業誌も好きであり、どちらも蓬莱さんのオ〇ニーライフに欠かせないものとなっています。

この人生、まさにエロ漫画に依存していると言ってもいいくらいです。数えてはいませんが、この23年間で約2000作品のエロ漫画を見てきたと思います(誇張)。

 

そんなエロ漫画ソムリエの蓬莱さんは、R-18業界でとある表現が異常に多く使用されていることに気が付きました。その表現とは、「田舎は性に明るい(オープン)」という表現です。

「田舎は何もないから、性行為をする機会が多い」。まさに漫画ならではの世界観ですね。しかし、もしかしたら現実でも当てはまっているかもしれません。

今回はこの表現が正しいのか判断するために、主成分分析を用いた調査を行ってみましょう!

続きを読む

「24歳、学生です」は大嘘だった!?野獣先輩は役を演じていた説

野獣先輩サムネイル

こんばんは、蓬莱です!

こんなことを聞く必要もないと思いますが、「24歳学生です」と言えば誰の事を指しているでしょうか? はい正解、もちろん野獣先輩です。

ご存知の通り「24歳学生です」は、野獣先輩を有名にした語録の1つであります。同時に、彼の代名詞的な語録にもなっていますね。

 

これを踏まえた上で、今一度確認しておくべきことがあります。それは、「野獣先輩は本当に24歳なのか」ということです。

振り返ってみれば、「24歳学生です」という語録が先行して定着してしまった節があります。ゆえに、「野獣先輩が24歳である」ということが、無意識的に常識になってしまったのです。

 

おそらく淫夢に精通した上級淫夢民でも、この問題に気が付いた人は皆無でしょう。

よって、今回はタイトル通り、野獣先輩が本当に24歳であるかを検討していきます。常識を疑っていく奇抜な記事ということで、進めていきますよ!

続きを読む

蓬莱の幻想が50,000PV/月を達成しました!

風子サムネイル

こんばんは、蓬莱です!

今回は「CLANNAD」の伊吹風子さんを載せた、綺麗な日記記事です。

 

タイトルの通り、蓬莱の幻想は50,000PV/月を達成しました!

1日に換算すると、1,500PV以上という形容しがたいアクセス数を得ております。ユニークユーザー数を見ると、1ヶ月単位で35,000人の方に閲覧されているようです。まさに、驚異的な繁栄ぶりを見せています。

 

大変嬉しいことではありますが、一個人ブロガーにとって50,000PVという数字はあまりにも大きすぎて、もはやどの程度凄いことなのか分かりません。

ゆえに蓬莱さんとしては、ただただ絶大なる感謝を申し上げるだけで、それ以外のことは特に言うことはございません。

敢えて1つだけ言及するのであれば、こんな意味不明なクソブログを毎月35,000人もの方が見ているという状況については、これからの日本のために一早く改善すべき事項であるという点です(自重)。

 

なにはともあれ、いつも見てくださっている皆様。本当にありがとうございます!

最近は更新が不定期気味ですが、これからも蓬莱の幻想をどうぞよろしくお願いいたします!