hourai について

圧倒的な発想力と統計学を無視した超絶論理で、クソ記事を展開しています。

11月28日は蓬莱さんの誕生日!幻の25歳神聖童貞、爆誕。

誕プレサムネイル

どうもこんばんは、蓬莱でございます。

24歳学生を捨てさり、新社会人になって早8カ月。当然のこと童貞は捨てきれず、25歳神聖童貞となりました。もはや異次元です。

 

聞く話によると、新人社員なんて乱交して当たり前の風潮らしいです。気軽に同期とお付き合いしたり、大学や高校のつながりを生かして合コンをやったりと、何かと花盛りの季節のようです。

そんな中で、一体僕は何をしていたのでしょうか。びっくりすることに、ナニをすることもなく何も起きなかったのです。もう僕はダメみたいです。

 

しかしながら、今年は皮肉にも誕生日らしい良き日を迎えられました。

好きな絵師が好きなシチュエーション(意味深)の絵を投稿してくれたり、好きな同人サークルがエッチなゲームを売り出してくれたり、結構いいこと三昧です。

仕事も運よく直帰で帰ることができましたし、誕生日記事を投稿した後も余裕をもって楽しめそうです(一生童貞感)。

身長と3サイズと体重を持つ女性の身体模擬データを作ってみよう!

論文と模擬データの比較図

こんばんは、蓬莱です!

今日は女性を創ります!! とでも言えば、皆さんはどう思うでしょうか。おそらく9割9分の方が、ついに頭もイかれてしまったと思われるでしょう。

ですがご安心ください。抜きすぎイきすぎでち〇ぽがイかれても、頭がイかれることはございません。蓬莱さんは至極まじめな顔をして、「女性を創ろう」と思っているのでございます。

 

僕には度重なる調査の結果見つけた、女性の身体データのヒントがあるのです。こういう材料を使えば、エジソンが電球を発明した如く、僕も女性の身体データを作成することが可能なはずです。

そんなアカデミック感満載の内容で、今回の記事をお送りします。今回は下ネタなしのまじめな記事ですよ!

続きを読む

腐れ茸さんからヘッダー画像をいただきました!

腐れ茸さんバナー

こんばんは、蓬莱です! 今回は日記記事ですよ!

FC2イラストブロガーの腐れ茸さんに、ヘッダー画像を描いていただきました。どうですか、この豪華さ。皆さんの羨ましがる顔が目に浮かびます。

率直な感想を申し上げると、ただただ「神」の一言に尽きます。まさかFC2ブログで神を見ることになるとは思いませんでした。もうね、これはお金払うレベルですよ。

 

あまり人様のブログでは、気持ち悪いコメントを投稿しないように注意していますが、図らずとも「嬉しさのあまり去勢した」とコメントしてしまいました。素のままの蓬莱さんで嬉しさを表現してしまうほど、嬉しいプレゼントでございました。

もうこうなったらオフ会でも何でもいいからどうにかして対面して、おいしいごはんをご馳走しつつケツの穴を掘らせていただきたい。

莫大な感謝といつか出会える日を夢見て、日記記事とさせていただきます。

 

いただきものコーナー」を更新中しました!

素敵な腐れ茸さんのブログは  こちら!

若者は受けよう!オナ猿がOESの精液検査を受け、世界記録を出そうとした記事

事後

こんばんは、ご無沙汰をしていました蓬莱です!

気づけば2カ月も更新をさぼっていました。これだけ経つと、自分がどんな記事を書いていたのか忘れてしまいますね。

逆に新鮮な気持ちで自分の記事を振り返ることができるのはいいことですが…しかしどうでしょう。なぜこのブログはモラルに欠ける記事がこんなにも多いのでしょうか。

ふたを開けてみれば、おっぱいが何だとか性事情がどうとか、そんなことばかりしか書かれていません。現状の最新記事では電マがどうとか書かれてるし、最低のブログであることは明白です。

 

このブログ、本当はこんなひどいブログじゃなかったはずなんですけどね。配属先にバレたりでもしたら、僕の人権が確実に失われます。

これではいけません。僕自身の将来のためにも、これからは綺麗な記事を書いていこうと思います。

この恥ずかしいブログを少しずつ中和するつもりで、今回のテーマをお送りしたいと思いますよ!

続きを読む

電気マッサージャーを買おうとしたら旧友と喧嘩になった話

 

電マで喧嘩

標題の件の通り、かつての友達と喧嘩をいたしました。

きっかけは、蓬莱さんが「電気マッサージャーが欲しい」と言ったところ、旧友が「オ〇ニーに使うの?」と返してきたことです。

 

僕、こう見えてマッサージ系の道具が好きなんですよね。足つぼマッサージや、小顔ローラーとか持っているくらいなのですよ。

そんなマッサージオタクの蓬莱さんに対し、旧友は電気マッサージャーを馬鹿にするような返答をしてきたのです。さすがの蓬莱さんも憤りを感じ、このように返答しました。

続きを読む