工学部祭カウントダウンが始まります!


「終わりのセラフ」クルル・ツェペシの模写絵

※去年のカウントダウン絵です。

どうもおはようございます。蓬莱です。

みなさん、最近の更新はものすごい停滞ぶりでしたね。数字的には、9月22日までに更新した記事が3つしかないという状態です。定期更新を信条としていたブログの、突然の停滞ぶり…お騒がせしてしまい申し訳ありませんでした。騒いでないかもしれませんが謝罪いたします。

本日のテーマは、例年やっている死の企画についてです。

 

「工学部祭カウントダウン企画をやります!」

どんな企画なのだろうと、わくわくしながら「続きを読む」を押してくださった方々、申し訳ありません。最初に言ってしまいますと、工学部祭カウントダウンは、ただ単に絵を描き続け連続投稿をしていくだけの企画です。

蓬莱は大学で工学部学生自治会(通称:工自会)というものに所属しています。その団体は例年、工学部独自で開いている工学部祭なるものを開催しています。”祭”というくらいですから、一般のお客さんも来場してくださるほど大きな行事です。工学部祭は我ら工自会にとって、1年で最大のイベントというわけですね。

こちらの工学部祭まで、明日(9月23日)からカウントダウンをしていきたい。これが工学部祭カウントダウン企画です。

 

 

カウントダウン方法

カウントダウンを始める前に、どのような方法で宣伝していくのかを記載しておきたいと思います。ここでは同じようなことをやっている、本部の方も紹介しておきたいと思います。工学部祭と対をなす学園祭を宣伝してこそ、本部の方も工学部祭を宣伝してくれるかもしれませんからね(願望)

 

 

常任委員会(本部)の宣伝方法

2016年 常任委員会のカウントダウン

おっと、本部の方は35日前から開始しているようですね。さかのぼってみたら、キリよく40日前から開始していたようです。

スタッフが頑張っている風景を取りつつ、カウントダウンを行っていく。そしてこれをTwitterに載せて宣伝する…。スタッフの数が軒並み多い本部だからこそ、できる業ですね!

それにしてもリア充感ただよってるな…(迫真)

 

 

工学部祭の宣伝方法

対して工学部祭…というより、蓬莱さんのカウントダウンはこちら。

「終わりのセラフ」クルル・ツェペシの模写絵

2015年工学部祭カウントダウン 「終わりのセラフ」クルル・ツェペシ

圧倒的工学部感(感心)

 

なんですかこれは…真面目に宣伝する気があるのでしょうかね…(汗)

宣伝方法は本部と同じようなもので、1日1枚こういったアニメキャラを描いてTwitterにてばらまくというものです。工学部に泥を塗るような手法…我ながら通報されないか心配ですね(苦笑)

ちなみに、工学部祭カウントダウンは現状一人でやっています。絵を描くのですから当たり前ですね(悲壮) それにしても非リア感ただよってるな(大自重)

 

 

そういうわけで明日から始めます!

今年の工学部祭は10月23に開催されます。つまり、これから30日間連続で更新をするということになりますね。そして蓬莱さんは実質1日1枚絵を描かないといけないので、確定的な死を賜ります。(※)

1日1更新なので、くっっっっそつまらない記事しか書けないと思いますが、絵の方は潤沢でございます。しかも連続更新のために質が落ちることもございません。絵を楽しみにして訪問してくださる方には朗報、記事を楽しみにして訪問してくださる方には悲報ということですね。

まぁ記事を楽しみにしている人なんてほとんどいないと思いますけど(自重)

 

今年は研究室の中間発表があるため、はやめに絵を描いています。よって、例年よりは楽になるかもしれません(笑)


初回公開日:2016年9月22日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


初回公開日:2016年9月22日