私がブログを書くことの意味。-自分らしく生きるために

サムネイル

こんばんは、蓬莱です!

最近のことですが、「自分はなぜブログなんかやっているのだろうか」と思ったことがあります。

多くの大学生が休日を満喫している間に、蓬莱さんはブログを書き続けました。友達が熱い恋愛で一喜一憂している間に、蓬莱さんはブログを書き続けました。

皆が謳歌している青春を棒に振るくらい、ブログとは魅力的なものだったのでしょうか。5年も続けられているからには、きっとそれ相応の魅力があるのでしょう。

 

今回は、そんなブログの魅力について、記事を綴りたいと思います。

続きを読む

蓬莱の幻想が70,000PV/月を達成しました!

サムネイル

こんばんは、蓬莱です!

今回は日記記事ならぬ、お祝い記事です。

 

タイトルの通り、蓬莱の幻想は70,000PV/月を達成しました!

ついに、1日2,000PV以上を稼ぐブログとなりました。この集客ぶりは、個人ブログであれば誇ってもいい成績かと思います。

ユニークユーザーの観点から見ると、1ヶ月単位で50,000人の方に閲覧され、嘲笑されるブログになりました。露出狂でドMな蓬莱さんとしては、これ以上になく輝ける場所を得られたことになりますね。

 

この圧倒的な繁栄ぶりは、正直なところ嬉しいです。思わず一喜一憂してしまいます。

しかし、当然のように「おっぱい」や「オ〇ニー」を使っているクソブログが注目されている現状は、大変いただけない事実であると思います。もしかしたら、日本の将来は危ういかもしれません。

 

Google Analyticsによると、このブログのリピーターは500人前後いらっしゃるようです。この500人前後の皆様をはじめとし、ブログにお越しくださった方全員に、深く御礼申し上げます。

更新内容は相変わらずバラバラになるとは思いますが、これからも蓬莱の幻想をどうぞよろしくお願いいたします!

彼女を作る意味、恋人が欲しい理由が分からない自分

サムネイル

こんばんは、蓬莱です!

今回は恋愛観に関する記事です。内容は悲惨そのもので、蓬莱さんが単に拗ねらせているだけの大変不毛な記事になります。

そして同時に、一般の方には非常に理解しがたい思想が含まれていると思います。まぁそこはいつも通りだと思うので、悪しからず。

 

大学生や若手社会人の話題になりやすい恋愛話で、うまく自分の話を伝えられるようにまとめておきたいという気持ちのみで、この記事を作成しています。

おそらくこの記事は、全世界に向けた恥さらしの記事になると思いますので、自分にとっては何の利益もありません。

見方を変えても、特定の方たちに共感を得られそうな記事にもなっていません。

 

言わば、自分本位な記事です。

検索から入ってきた方は、こんなやべぇ奴もいるのかと流し読み程度にお楽しみいただくことをお勧めします。

続きを読む

これぞオナニー依存症。一日2回はやるオナ猿の生活と特徴を覗く記事

猿

こんばんは、蓬莱です!

後輩からの評価。先輩というポジションを体験して来た人であれば、誰もが気になりますよね。

意を決して聞いてみた結果、真面目・変態という普段通りの印象に加え、「オナニーキャラ」という不名誉な印象を持たれていました。

つまるところ、オナ猿という印象を持たれていたのです。もはや”印象”と言っていいのか不明ですが、表の世界では真面目を装っていただけに悲しい限りです。

 

しかし実際のところ、この評価は正解といえば正解です。かつて僕は、オナニーキャラと呼ばれるにふさわしいオナニーライフを送っていました。自慰行為の達人だったわけです。

これも何かの縁でしょう。今回は恥を忍んで、「オナ猿」の世界がいかなるものかをお送りしていきますよ!

続きを読む

独り言が多いのは病気じゃない!一人暮らしなら直さなくても大丈夫だぞ!

アウトな独り言

こんばんは、蓬莱です!

突然ですが、皆さんは独り言は言いますか? 蓬莱さんはガンガン言いまくっています。言うどころかむしろ好きです。オ〇ニー並みに日課になっています。

 

世間一般では独り言は悪という認識が成り立っています。

人生には、学校や会社にいる時、歩道を歩いているとき、家でリラックスしている時など色々な場面がありますよね。それらどの状況でも独り言をすれば、おかしい奴だと思われてしまいます。

 

しかし、実際に独り言をぶちまけちゃっている蓬莱さんは、一般の認識はちょっと改めた方がいいのかなと思っています。

筆者ほど独り言が上手な人からすれば、むしろ我慢する方が精神に影響を及ぼしそうな気がするのです。

というわけで、今回は「一人でいる時の独り言は直す必要はない」というテーマの下、話を進めていきたいと思います!

続きを読む