女性はおっぱいを盛るのか?適性サイズより大きいブラジャーを着けている人は〇割!!

サムネイル

こんばんは、蓬莱です!

いきなりのどぎついサムネイル、さっそく申し訳ありません。初めましての方には、さらに申し訳ありません。

世の中のおっぱいを知り尽くしたい、触り尽くしたい、しゃぶり尽くしたい。まさに性癖がひん曲がるほどの欲望により、最近の蓬莱さんはおっぱいを哲学するようになりました。

この時点でやばい雰囲気を感じた人は、多分”戻るボタン”を押した方が幸せになれると思います。

 

こんな悲惨な前口上なのですから、今回の記事ではおっぱいについて語ります。テーマとして、「おっぱいを盛っている女性はどれくらいいるのか?」を統計学で推定する記事になります。

それでは、様々なおっぱいデータを使って調べ上げてみましょう!

続きを読む

2018年最新のおっぱい分布。都道府県ごとに平均的な胸の大きさを示しました!

サムネイル

こんばんは、蓬莱です!

おっぱいがいっぱいだ! とある猛暑の日に、新潟駅の可愛らしい女の子たちを一瞥した蓬莱さんの感想です。

38度もの高温になると、やはり皆さんかなりの軽装をされていましたね。下着の中の双丘がたいそう自己主張されていて、蓬莱さんとしては最高の気分でありました。

 

そうそう。おっぱいと言えば、2012年の4月に「LOVECOSME」というサイトが、都道府県ごとの平均カップ数を公開していましたね。

それなりに面白い分布だったこともあり、その都道府県マップは日本のおっぱい分布の常識となりました。マップについては、後に後述します。

 

しかし、きちんと調べてみると、とんでもなくいい加減な方法でマップが作成されていました。結果としても、よくよく見ればちょっとありえないような結果になっています。

今回はその都道府県マップを、さらに良くしていくための記事になります。数年の時を経て、おっぱい分布をより良いものに更新していきましょう!

続きを読む

これぞオナニー依存症。一日2回はやるオナ猿の生活と特徴を覗く記事

猿

こんばんは、蓬莱です!

後輩からの評価。先輩というポジションを体験して来た人であれば、誰もが気になりますよね。

意を決して聞いてみた結果、真面目・変態という普段通りの印象に加え、「オナニーキャラ」という不名誉な印象を持たれていました。

つまるところ、オナ猿という印象を持たれていたのです。もはや”印象”と言っていいのか不明ですが、表の世界では真面目を装っていただけに悲しい限りです。

 

しかし実際のところ、この評価は正解といえば正解です。かつて僕は、オナニーキャラと呼ばれるにふさわしいオナニーライフを送っていました。自慰行為の達人だったわけです。

これも何かの縁でしょう。今回は恥を忍んで、「オナ猿」の世界がいかなるものかをお送りしていきますよ!

続きを読む

難聴兄貴に終止符。こ↑こ↓論争の3つの説と4つの検証から結論を見出す記事

こ↑こ↓

こんばんは、蓬莱です!

今回は久々の淫夢記事です。このブログは、これまで様々な淫夢の謎の解明に努めてきました。今やこのブログの筆頭人気記事となっている「イキスギィの記事」や、「かっこ語録の検証記事」が良い例ですね。

 

今回は、淫夢の1つの謎である、野獣先輩の有名語録「こ↑こ↓」について見ていきたいと思います。

この語録は知っている方も多いように、「何と聞こえるか」という点で論争にまで発展しました。議論が始まったのは2011年初期頃だと思いますが、7年経った今でも明確な回答は見つかっていません。

ここは蓬莱さんの出番です。さっそく見ていきましょう!

続きを読む

独り言が多いのは病気じゃない!一人暮らしなら直さなくても大丈夫だぞ!

アウトな独り言

こんばんは、蓬莱です!

突然ですが、皆さんは独り言は言いますか? 蓬莱さんはガンガン言いまくっています。言うどころかむしろ好きです。オ〇ニー並みに日課になっています。

 

世間一般では独り言は悪という認識が成り立っています。

人生には、学校や会社にいる時、歩道を歩いているとき、家でリラックスしている時など色々な場面がありますよね。それらどの状況でも独り言をすれば、おかしい奴だと思われてしまいます。

 

しかし、実際に独り言をぶちまけちゃっている蓬莱さんは、一般の認識はちょっと改めた方がいいのかなと思っています。

筆者ほど独り言が上手な人からすれば、むしろ我慢する方が精神に影響を及ぼしそうな気がするのです。

というわけで、今回は「一人でいる時の独り言は直す必要はない」というテーマの下、話を進めていきたいと思います!

続きを読む