一歩間違えれば倹約の域。大学生だからこそできる節約術!


こんばんは、蓬莱です!

卒論発表や院試も終わり、気が付けば大学生活が終わろうとしています。大学生時代も終わりに近いということですが、4年間いろいろありました。3年生時は留年との戦いに勤しみ、2年生時は留年との戦いに勤しみ、1年生時は節約生活に勤しみ…。おっと、ろくな経験がありませんね(小並)

1年生時代に様々な節約生活をしていましたが、これらは一人暮らしかつ大学生だからできた節約術だと思います。思い出として残すふしもありますが、本当にお金に困っている学生も多いと思うので、参考になるようしっかりと書き綴ります!

 

 

☠注意せよ☠

いきなりサイテーな前置きが飛び出しました。この頁は決して脅しではないので、注意してお読みください。

 

この記事は、お金があるくせになぜか節約しまくった人たちの意見に基づいて作成された記事です。ありのままを話すと多分やばいので、なるべく健康面にも気づかって節約術を紹介します。一歩間違えれば倹約の域に達する節約術ということも、頭に入れておいてください。

危険だと感じたら意地を張らないで、普通の生活をするようお願い致します。

 

………

どんなやばいことが書いてあるんだよ(ツッコミ)

 

 

この記事の内容

注意事項はしっかりご確認いただけたでしょうか? それではこの記事の見方について説明します。

あまりにひどい記事になってしまったため、危険度レベルをつけておきました。この記事によって人が死なないようにするためです。

目安はレベル1が普通に実行可能、レベル2は頑張ればできる、レベル3は一般人ならストレス爆発、レベル4(死)は物理的には死にませんが、生活が死にます。

 

蓬莱さんを含めて3人の人(他STUさん、ONKさん)が節約術を披露しますが、蓬莱さんの節約術は面倒くさがりの人も実行できるようなもので固めてあります。コップの1つも洗いたくないとか、ゴミ出しすら面倒くさがって二ヶ月放置してしまうくらいの面倒くさがりでも大丈夫なものですから、本当に手軽にできると思います。

反対に言えば、蓬莱さんの提案するものは、面倒くさがりでなければもう少し良い生活を送れるものがありそうです。

 

それでは、面倒くさがりでも健康に気遣いながら節約(倹約)できる術を、どうぞお楽しみください。

 

 

飲み物編

コーラをはじめとする清涼飲料水、ココアなどの甘い飲みものは飲みたくものですよね。大学生になったらお酒も飲みたいお年頃です。

こういったお金のかかる飲み物というのは、どんどん財布を空っぽにしていくものです。まずは手始めに飲み物について言及していきましょう!

 

 

レベル2 ミネラルウォーターで生きろ! by蓬莱さん&STUさん

ジュース類、酒類をすべて排除して生きる生活です。ここではちょっと節約ランクを落として、市販の水だけで生きることを提示します。

スーパーやドラッグストアで売っているミネラルウォーターは、2リットルあたり100円です。ついつい大学内のコンビニや生協で飲み物を買ってしまいがちな大学生が多い中、これで実践できればかなりのお金が浮くと思います。

この節約術は買い物ついでに水を買えばいいだけなので、面倒くさがりな人にもおすすめです。口をつけて飲むことに抵抗がなければ、コップ洗わなくて済みますし、自分はいつもラッパのみですね(自重)

 

 

レベル3 水道水で生きろ! ONKさん

ONK「ミネラルウォーター? 水道水を飲めばいいじゃないか」

ついに飲料にお金を使うこと自体が間違いという発想が出てきました。悲しい考えですが、この記事では嬉しい一言です。

水道水をおいしく飲むことさえできれば、飲料代は確かに0円になります。面倒くさがり屋も出る水を飲めばいいだけのことですし、手軽にやれると思いますね。……なに、コップ洗うのが面倒くさいから水道水は却下? 手ですくって飲めよ(自重)

 

さて、この方法には1つだけ救いの手があります。それはお茶パックなる神聖的な商品があり、これを活用すれば5円で2リットルのお茶が完成します。水道水で生きると決め込んだら、せめてお茶にしてしまうというのも手ですね!

しかしながら蓬莱さんクラスの面倒くささを持つと、そのお茶すら作らなくなります。そういった場合は、手軽さを重視して買い物のついでにミネラルウォーターでとどめておくといいですね!

 

 

レベル4 飲まない

物理的に死ぬのでやめましょう。生物は水が必要なのです。

 

 

食べ物編

飲み物の次は食べ物についてです。外食に行かないとか、自炊を多く行うなど基本的な節約術はありますが、外食はどうしても友達の付き合いでいかなければなりませんし、自炊も多くの時間を割いて料理し、その割には見合った節約ができていないことがあります。自炊はガス代なども生じますし、なにより面倒ですし(自重)

 

 

レベル1 朝食をしっかり食べる BY蓬莱さん

「睡眠を長くとって朝食を抜け」とか言うと思いましたか? 失礼な、そんな不健康な節約情報は載せませんよ!

朝食を食べることを推進する意味は何でしょうか? ズバリ、昼食や夕食を食べすぎることがなくなるというものです。これって結構でかいと思います。

朝食を抜く分、それを戻そうとして昼や夜に食べ過ぎてしまう。これは睡眠時間と同じようもので、徹夜で勉強を頑張っても、翌日の睡眠時間が12時間だったら意味がないのと同じです。昼や夜は外食の機会も多く、ここで食べすぎてしまうと相当な出費が出てしまいます。

 

私見ながら、朝食を食べない大学生って結構多くいると思います。しっかり食べることで、昼食や夕食の思わぬ出費を免れることができますよ!

 

 

レベル2 夜に小腹が空いたらさっさと寝る STUさんより

夜ご飯はしっかり食べたけれど、23:00くらいに何となく小腹が空いてきてしまった…。こうなると生活の自由が利く大学生は、夜遅くにコンビニでお菓子を買ったり、カップ麺を食べてしまいがちです。

一人暮らしともなると深夜に徘徊するなど基本的にやりたい放題なので、歯止めが利かないのですよね。大学近くにコンビニが点在することもあり、なかなか難しい悩みであります。

 

これを解決する方法が、お腹がすく前に早く寝るというものです。当たり前の回答だけど、これが実践できる大学生はかなり少ないと思います。

 

 

レベル3 食パンをおやつ代わりに食べる 同級生ONKさん

ONK「俺1年生と2年生の頃は、お菓子を買うのがもったいなくて食パン食べてたんだよ」

 

何言ってるのでしょうか、この人は…。普通の人の生活を凌駕しています。

チョコレート、ポテトチップ…他にも様々な誘惑を放つお菓子たち。こいつらの値段は意外と高く、誘惑に乗ればとりあえず100円玉は蒸発していきます。これを食パンに代替し、あわよくば夕食の量を減らすという考えです。

飽きも早いでしょうし、あまり勧められるものではありませんね。しかしながら、1週間実践しただけでも相当なお金が浮くと思います。

 

 

レベル4 パンに自分の手汗成分をにじみ込ませて味を変える 同級生ONKさん

ONK「食パンの白い部分をニギニギすると、味が変わるんだよ!」

あ、すいません。ちょっと裏すぎる情報が出てきてしまいましたね。これは見なかったことにしてくれて結構です!

 

 

健康に生きるための節約術

これまでの節約術は確かに効果抜群なものばかりですが、健康面に気を使っていると言われればそんなことはありません。上記をすべてやれば、間違いなく病人・廃人になります。

次は、なるべく健康面に気遣った節約術を見てみましょう。安く健康を手に入れることも節約の一つです。

 

 

レベル1 納豆ご飯を食べる by蓬莱さん

食べ物編レベル1の「朝食をしっかり食べる」と一緒にやってほしいものです。

かかる費用は100円以下で、納豆による健康要素がついてきます。ご飯を実家から送ってもらえる人は、納豆1パック分のお値段です! 納豆がダメという人は、卵かけご飯でも可ですよ!

 

 

レベル3 生卵をグラスに入れて飲め! 蓬莱さん

嘘っぽいですが、実際に蓬莱さんがやっていたことです。

蓬莱さんは節約云々じゃなく、筋トレのためのたんぱく質補給のためにやっていました。一般人から見れば、間違いなく変態プレイです。卵は完全栄養食という面から、これを実行できれば無理なく(?)栄養を補給することが出できるでしょう。

 

余談ですが、この方法は別に焼いて食べてもいいのです。むしろ普通の人は、目玉焼きなりスクランブルエッグにするなりして食べるべきです。しかし、もしも読者さんの中に蓬莱さんレベルの面倒くさがり屋な人がいるのなら、お勧めしたい。

卵を飲め(至言)

 

 

生活編

最後に生活編をお届けします。よくある「冷蔵庫は壁から3cm離す」とかは、いろいろなサイトに書いてあるので、ありきたりなものは省くことにします。

 

 

レベル1 なるべく大学にいるようにする

これは1年生時に実践してたわけではありませんが、牢獄生活とも言えそうな研究室生活を通して思ったことです。

元々節制した生活を送っていたのに、4年生になってから光熱費・水道代が、うんと安くなりました! これは単純に研究が忙しすぎて、家にいる時間が少なくなったからだと思います!

大学で作業をするということは、どんなに電気や水道を使っても、お金がかからないということです。何だか後ろめたいような気もしますが、高い学費を払っている身ですから、とことん大学に入り浸って光熱費を浮かせましょう!

 

 

レベル4 もういっそのことガスを止めてもらう。

冷水で生活しましょう! これなら風呂に入る頻度も少なくなりそうだし、水道代も安くなるね!

※蓬莱さんはガスの点検を断りまくって、ガスを止められたことがあります。その経験に基づいた内容なので、上記の生活を送りたい方は自己責任でお願いします。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか? 記事の締めくくりとして、なぜ大学生だからできるのかをお伝えして終わりましょう。

その理由は、大学生が「自由で」かつ「人の目が届かない環境にいる」からです。考えてみてください、自分の息子が納豆ご飯だけを食べて一食を済ます姿を。自分の子供が卵をコップにぶちこんでゴクゴクと飲む状況を。

おそらく多くの親は心配して止めることでしょう。こういった自由が制限されていたり、ほかの人の目が届いている環境では実行できない。だから大学生しかできないのです。

※一人暮らし社会人の場合、仕事の都合上自由の面が束縛されます。

 

 

実践するなら自己責任で

こんな記事を書いておいてなんですが、「レベル4」なんてものはさすがに常識の生活とは言えませんし、何よりも死んでしまう項目があります。なるべく、というか実践しないようにしましょう。レベル3に関しても、人間をやめているものがみられるのでおすすめはしません。

ここに書いてあることは確かに実行可能、および速やかに実行可能ですが、何も健康面やメンタル面を脅かしてまでやる必要はまったくございません。

当方たちは責任を負いかねますので、自分の身体に気遣いながら実践してくださいませ!


初回公開日:2017年2月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


初回公開日:2017年2月23日