最終更新日:2016年8月15日

[社会現象]ポケモンGOとはどんなゲーム!?


「ポケモン」ラティアス&ラティオスの模写絵

こんばんは、明日県庁の最終面接を控える蓬莱です!

これを更新しているのは、実に7月24日の21:00。ぶっちゃけて言うと、受付時間まで半日もありません。…馬鹿なの?(大自重)

 

本日のテーマは、「ポケモンGOはどんなゲーム?」です!

 

外国で話題になっていたゲームが、ついに日本にも上陸しましたね。上陸日2016年7月22日、日本の街々の様子は大きく変わりました。街中がポケモントレーナーだらけになったのです。

ポケモンについての記事を書くということで、模写絵ももちろんポケモンです。本日は「ポケットモンスター」ラティアス&ラティオス になります。人気ポケモンながらも、残念ながらポケモンGOには実装されていませんね(小並)

 

絵以外に興味がない蓬莱さんも、さすがに国民的人気作品のポケモンが再流行しているとあれば、情報のセンサーを立てざるを得ません。今回はプレイしていないながらも、iphoneを持っていない人、アンドロイドが古くてダウンロードができない人のために、どんなゲームか調査してみました。ちなみに管理人はスマホすら持っていないです(自重)

※2016年7月24日現在、Android4.4以上、iOS7以上ならダウンロードできるようです!

 

 

どういうゲームなの?

プレイしたことがない人を探す方が難しいほどの「ポケットモンスター」。従来のポケモンは、携帯ゲーム機でやりますよね。ポケモンGOはスマホのアプリでやるゲームになります。

一番大きな魅力を挙げるとすれば、プレイヤーが現実世界でポケモンを探せるという点ですね。電波か何か知りませんが、ポケモンGOをダウンロードしてスマホをかざすと、ポケモンが出現しているようです。歩いて探すなりしてポケモンを捕まえ、自分のポケモンにしてバトルするわけですね!

 

アップデート次第では、道行くポケモンGOをプレイしている人たちとポケモンバトルができるようになるようです。そこまで行けば、本当にポケモントレーナーになれてしまいますね(笑)

 

 

現状でできるポケモンバトル

現実世界でポケモンを探し歩き、レアなポケモンを手に入れていくのも楽しみの一つでしょう。もちろんそれもそうですが、ポケモンの面白さはコレクター欲を満たすところにとどまらず、ポケモンバトルも楽しみの1つに挙げられます。

 

前述の通り、トレーナー同士でポケモンバトルをするという段階には至っていませんが、ジム戦という形でバトルを繰り広げることができます。従来のポケモンにも、ジムリーダー戦なるものがありますね。あそこで数々のバッチを手に入れ、チャンピオンリーグへと進んでいく…王道のプレイスタイルが、そこにはありました。

今回のポケモンGOにもジム要素があるようで、そこでポケモンバトルをしてジムを”奪い取る”ようですよ。(!?) 現実世界で巻き起こる戦いですから、何だか凄そうですね!

 

プレイしていないながらも、インタビューや情報収集を駆使してルールを確認してみました。プレイヤーはレベル5になった段階で赤・青・黄の3チームを選択し、チームごとにジムを奪い合います。

近くのジムを自チームが所有していなければ、そのジムに挑戦する形でポケモンバトルをします。そのバトルに勝ち、敵のジムの名声を0にすることで、ジムを奪い取ることができるようです。

逆に自チームがジムを所有していれば、ジムを防衛することになります。その方法は、自分のポケモンをジムに置いておき、次々に来るトレーナー達と応戦させるというものです。置いておくポケモンが強く、多いほどジムの占有時間が長く期待できるようですよ。

 

えっと…突き詰めますと…

ポケモンGOって陣取りゲームなの…?

 

 

ポケモンの育て方

「ポケモンGO」コイキング

従来のポケモンは、野生のポケモンやトレーナーのポケモンを倒し、経験値を獲得することでレベルアップして強くなります。この育て方はRPGの王道と言えるしょう。しかしながら、ポケモンGOはこのシステムを採用しておらず、アイテムを使って強くする形を採用しているようです。

 

そのアイテムは、「星の砂」と「○○のアメ」。○○の部分には、各ポケモンの名前が入ります。これらを集めてポケモンを強化するわけですね。アイテムの要求数が多いと、集めるのが結構辛そうです。

また、この「○○のアメ」に関しては強化のみならず、進化に対しても使えるようです。例えば、コイキングを進化させるためには、コイキングのアメが400個必要になります。別に強化(レベルアップ)をしなくても、アメさえ必要な数集めてしまえば、即進化が可能なようですね。

 

 

育成アイテムの入手方法

次に気になるのは、そのアイテムの入手方法です。こういうシステムを採用しているとなると、星の砂とアメはかなり重要なアイテムになります。これさえ十分に手に入れられれば、育成に困ることはなさそうですものね!

 

インタビューを続ける中で、非常に興味深い入手方法を聞き出せました。一番安定的に、かつ迅速に手に入れる方法は…

同じポケモンをたくさん捕まえることでした。

 

んん? どういうこと? すでにそのポケモンを持っているのですから、捕まえる必要はないのでは?

従来の携帯ゲームに熱中していた方は、同様の疑問を思い浮かべると思います。どうやらそのポケモンのアメは、同じポケモンを捕まえないと手に入らないようです。強くなりたきゃ乱獲しろってことですかね?

 

ちなみに、さっき例に出したコイキングは、アメが400個必要になります。この数字を分かりやすく言ってしまえば、ギャラドスに進化させるまでにコイキングを100匹捕まえることになるようです。

……は?(威圧)

 

 

結論(まとめ)

今回は、ポケモンGOをプレイしたことのない管理人が、どんなゲームなのかを素人目線から見て聞いて調べてみました。以下が率直な調査結果です。

 

・現実世界でポケモントレーナーとして活動できる積極的なゲーム。
・ポケモンGOは、現時点で陣取りゲームである。

・強くなるためには乱獲ゲーにならざるを得ない。

 

……このゲーム大丈夫なの?(困惑)


初回公開日:2016年7月24日
最終更新日:2016年8月15日

[社会現象]ポケモンGOとはどんなゲーム!?” への4件のコメント

  1. 私もiPhone、スマホ持ってないです。(仲間)
    個人的な意見としては、スマホがゲーム機化するのはやっぱり宜しくないのではと、アプリなくてもガラケーなどで十分だと思いますけどね。

    もちろんぽけもんGOは知ってはいるものの戦◯◯◯(ryのような作業&対戦ゲーになりそうですし、そういったジャンルのゲームは触れないだろうと私は考えてます。(受験生ですし尚更)
    大流行らしいのでゲームの開発部は素晴らしいですが、プレイヤーがつまらないとゲーム自体不評になるので、ゲームを楽しく安全にプレイして頂きたいですね。

    最終面接頑張って下さい!

    • コメントありがとうございます!
      その意見素晴らしいですね。確かにスマホがゲーム機化するのって、どうなのかと思います! スマート(賢い)フォンの意味が薄まりますものね(哲学)

      あぁ~戦〇じ〇〇(ry ですか。懐かしいですね、〇国〇ゃん(ry。確かにジム戦においては、同じレベルの人たちが集まると誰かが根負けするまで取り合うという泥仕合が予想されます…。戦国じゃ(ryにおける、貯金システムみたいなものですね(小並)

      最終面接、後半の5分以外は上手くいきましたよ!

  2. こんばんは

    更新頻度がぐんぐんと上がってきてますね~
    今日面接お疲れ様でした
    おそらく今はどっと疲れが出ているかと思いますが

    私はいまだにガラケーですからもちろん
    やってないですね

    楽しんでやっているのはいいんですけどね
    ただ夢中になるあまりぶつかるのは危ないですかね
    (昼間ぶつかられた私です 笑)

    • コメントありがとうございます!
      どうもこんばんはです! 無駄に 更新頻度は上がっていきますよ~(迫真)
      面接は確かに疲れましたが…同時に楽しかったような気もします(!?) まぁドMですからね、仕方ありませんね(自重)

      ガラケー勢多すぎぃ!! よくコメントくださるkonさんもスマホ持ちじゃないようですし、まさに類は友を呼ぶですね…。大学生すら夢中になってしまう魔性のゲームですから、これからの生活は少し気を使って過ごすべきですね(大汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


初回公開日:2016年7月24日
最終更新日:2016年8月15日