グリザイアシリーズで色紙作り!


榊由美子の色紙

こんばんは、蓬莱です!

なんか今日は冒頭の画像がいつもと違いますね…。それもそのはず、今回は普段通りの模写記事ではなく、久々のネタ記事だからです。

テーマは 「お世話になった先輩に色紙を作ろう!」 です!

 

古きFC2時代の皆さま、待望のネタ記事でございます。最近このサイトにいらしてくれた方々に申し上げますと、たまにこういうヘンテコな記事が投稿されることもあります。一応は模写と関連付いているものが多いので、どうかお楽しみいただければと思います。

 

ネタ記事のご挨拶はこれくらいにして、本題に行きましょう!

テーマの通りですが、お世話になった先輩に冒頭の画像を差し上げました。とても建設学科のデザインとは思えないほどの稚拙ぶりですが、たった2日間で作ったものですのでどうかご勘弁を…。

デザインとしては、ブログデザインにありがちな小窓方式を採用しました。小窓の中身は、今田さんの人柄や大学時代の思い出を描いております。わずか6cm示方の四角形に、これだけの情報量をぶちこんでいますので、細かく描くのは大変でした(苦笑)

キャラクターについては全て統一されており、今田さんの好きな「グリザイアシリーズ」の榊由美子さんを使っております。

 

それにしても、このままでは小さいコマが見えにくいですね…。順に拡大して見てみましょうか。

 

榊由美子 1-2

今田さんが活躍されていた常任委員会のシーンです。こちらの団体には自分は所属していないので、どういった思い出があるのかよく分かりませんでした。

もうこの時点で今田さんの人柄を表すシーンを描くしかないのですが、後輩をお酒で潰しまくっているという噂を聞いたので、画像のようにしました。とても素晴らしい思い出ですね(小並)

 

え、よく見たら何かに乗っているですって? なかなか良い目をお持ちですね。

これはルンバですよ(迫真)

 

 

榊由美子 1-3

こちらは工自会のワンシーンです。工自会は自分の所属している団体ですので、今田さんとの思い出はたくさんあります。…あまりに多すぎて、どの思い出を小窓に描くか悩みましたね(苦笑)

ここは第三者視点に立って、自治会室の様子を思い出してもらえるような形にしてみました。なにやら怪しいプレイをしているモザイクたちがいますが、この人たちはどちらも男です。残念なことに、工自会はホモが結構多いのですよね…。(もちろんネタとして)

工自会は健全な活動を続け、他の工学生たちから高い評価を受けていますが、オフシーズンになると基本こんな感じです(諦め) この色紙を見て、メリハリのある工自会を思い出してくれたらなと思います!

 

 

榊由美子 1-4

最後はご自宅のシーンです。工自会での話しぶりから、エロゲーマスターということは分かっていたので、こちらの生活ぶりを採用しました。

今田さんは、グリザイアシリーズもしっかり3作品すべてこなしていることから、きっと精根費やして励まれていたことでしょう(意味深)

 

 

以上で細かい部分も含めて、全て紹介しました! もうここまで見ると、今田先輩ってどんな変態だったんだよと思われるかもしれません。

一言で言いましょう。
確かに変態です(キッパリ)

もちろん良い意味での変態です。積極的にいろいろな活動をされていた先輩は、本当に尊敬の対象でしたね。自分も、あれだけ精力的に活動できたらなと考えるばかりでございます。

 

しかしながら、その健全かつ変態的な先輩から、自分は「やばい奴」と認定されていたことが発覚しました。先輩の友達や後輩の中には、自分を知っている人が結構いるようです(汗) 先輩曰く、TwitterなどのSNSから広まって、たまに話題に出てくるようです。

 

そんなにおかしいことしてるかな…。

他の大学生に見られるのが嫌だから午前1:30に雪だるまを作ることくらいしかしませんし、風邪を1日で治すために超元気ドリンクを自分で調合したりしかしてませんけど…(大汗)

確かにこんな色紙を作れる時点で、普通の一般人ではなさそうですけどね(苦笑) 普通の人はウェブサイトは作りませんし、少しは自覚を持った方がよさそうです(笑)

 

今更新している時点で、今田さんはバリバリ就職先で働いていると思いますが、改めて一言。(今田さん見てるか分からないけど)

大変お世話になりました! またこちらに戻る機会があれば、よろしくお願いします!

 

 

※あとがき

以下はくだらない追記ですので、まだ読みたい方はどうぞ。

 

今回のネタ記事は、実は制約がかかって大変だったのです。それを簡潔にまとめて、今回のネタ記事の締めとしましょう。

①今田さんはグリザイアシリーズが好きだけど、ゲームの画像の方が好き。

まず知らない方のために言っておきますと、グリザイアシリーズは「迷宮」「果実」「楽園」と3つで構成されています。エロゲーながらも、すべてのシリーズで健全なアニメ化をするという、人気作品でございます。

アニメ化されるとなると、模写するために参考にできる題材も当然多くなりますから、グリザイアの1キャラで色紙を彩ることなんて、超簡単なことだと思っていたのです。

しかしながら「アニメの絵よりゲームの絵の方が好き!」という話を聞いたことがあるので、なかなかに悩みました。その気持ちは自分にもよく分かるので、ここは先輩の意見を尊重しましたが(笑)

 

②ゲーム画像にしぼると、参考にできる画像が少なくなりすぎる。

そうなるとゲーム画像以外は使えなくなります。グリザイアほどの大作となると、1キャラあたり20枚くらい挿絵があるでしょうか…。3作品ありますので、候補画像は60枚。模写をしない方ならば、参考画像は結構あるじゃんと思われることでしょう。

これは決して多い数字ではなく、アニメに換算するとたった1分ほどのシーンしか作れません。これは辛いですね(汗) しかもよく考えたら、この60枚のうち30枚はエロ画像だから使えないじゃん。

 

③その上で、今田さんの人柄や思い出につながるシーンにしなければならない。

加えてこれが一番悩みどころでした。いざ画像を仕入れてきたとしても、今田さんと何の関連付けもできないようなゲーム絵は使うことができません。2コマ目とか、本当に無理やりですよね(汗)

今回ご紹介した3つの小窓は上手く関連付けることができ、先輩から大変な高評を受けました。想像力を上手く働かすことができたと思います。まずは一安心ですね。

 


初回公開日:2016年4月19日

グリザイアシリーズで色紙作り!” への4件のコメント

  1. さすが蓬莱さんの先輩今田さん
    活動範囲もそしてその趣味も
    なんて素敵な人なんでしょう~

    モザイクの片割れは蓬莱さんというのはよくわかります
    (もちろん攻めですよね 笑)
    あ~たしかにそういうのもわかりますよね
    原作の絵のほうが好きとういうのも
    そりゃ時間を費やしているわけですし
    それだけ愛されてエロゲも浮かばれるってものですね~

    • コメントありがとうございます!
      あれだけのことをやっていたのにもかかわらず、さっさと卒業して旅立たれていきました。大学院でモラトリアムを延長することを考えず、就職の道へまっすぐ進んでいったのは、第三者ながらすごいことだと思います。

      モザイクについては、自分ではないことをお伝えいたします。彼らの名誉を守るため伏字にしておきますが、力〇山さんと〇野さんです。2コマ目にこの名前が入っていると思います(笑)

      一週間ペースで25分ほどの映像を作らなければなりませんから、その分だけ作画の質が落ちてしまうのは仕方のないことです。アニメの方が余計な色合いがなくなって見やすくなった! という人もいますし、ここは難しい話題ですね(汗)

  2. グリザイアはアニメが人気だったと聞き、ちょうど先週辺りに某無料立ち読みサイトで1巻だけ立ち読み(途中退場)したのですが、
    アニメの話と同じで健全なんだろなぁ感覚で読み始めた自分はまんまと騙されました。
    (内容は秘密)
    まぁ、嫌気がさして途中で読むの止めましたが…(苦笑)

    (あ、パッと見ではみちるさんが好みです)
    エロゲはアニメだと健全で僕ら未成年でも見れますね(笑)
    今年で言えば、蒼の彼方のフォーリズムは結構好きな部類でした

    • コメントありがとうございます!

      >アニメの話と同じで健全なんだろなぁ
      ま、多少はね?(自重) グリザイアシリーズについては、もはや原作がエロゲーであることも知らない人が出てきました。作品が大きくなるのは結構ですが、同時にkonさんのような犠牲者(?)が増えるも一つの問題ではあります(苦笑)

      確かに「蒼の彼方のフォーリズム」も、元はエロゲーですよね。ゲームにおける一番おいしいところ(Hシーン)を取り除いた状態で、うまくヒットできるものなのか疑問ですが、大体の作品はそこそこ売れているようですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


初回公開日:2016年4月19日