ごちうさの千夜はなぜ不人気なのか?難民が考える究極理論


千夜の嫉妬顔

こんばんは、蓬莱です!

今日はご無沙汰ということで、ネタ記事をぶちこむことにしました。テーマは我らが難民代表作「ごちうさ」です!

しかしすごいタイトルですね…。FC2時代を彷彿させるようなクソ記事になりそうです(苦笑) 何やらごちうさ界隈では千夜さんの人気が低いようですが……さっそく見ていきましょう!

 

 

千夜さんの状況を確認

アニメ千夜1

とりあえず千夜さんの現状をお伝えしておきましょうか。

いかにも人気が出そうな黒髪美少女の千夜さんは、人気投票ではなんと堂々の最下位。メインキャラクターが5人いる中で、常に5番目を突っ走る意外なキャラクターです。

投票サイトによって違いが出ているのかと考えましたが、たまに4位になっている程度で最下位であることは相変わらずのようです。1期の時点で最下位が安定していたことを考えると、操作された結果ではなさそうです。

 

 

千夜の不人気さの裏付け

データというのは非常に残虐なもので、常に5位ともなるとキャラクターグッズにも影響が出るようです。

ごちうさのキャラクターケーキにおいては、千夜だけ売れ残りが発生するという超絶的シーンがありました。

千夜だけ売れ残る

これはいけませんねぇ………。

こんなひどいことがあっていいのでしょうか。この画像を取得した10分後に、千夜のケーキも売り切れていることを願ってやみません(汗)

 

さらにファンが少ないからか、検索数においても一人だけ異様な結果が出ました。

※キーワード選定ツール「aramakijake」調べ

ごちうさキャラの検索数

「データなし」とは恐れ多い!!

ここらへんは人気投票と相関性がありそうなものですが……。ここまでしっかり出てくると、もはや何も言うことはないですね!

 

……あ、どうせネタだと思っているのでしょう? ちゃんと証拠はありますよ!

千夜の検索結果

まぁ多少はね?

aramakijake.jpですら、関連語に「ごちうさ 千夜 不人気」と出してくるあたり、闇を感じますね…。

 

 

普通は人気が出るキャラ

アニメ千夜2

千夜が不人気と言う事実に驚いているのは、普通は人気が出るキャラだと思うからです。

大和撫子を思わせるような風貌、そして黒髪美少女。いかにも日本人が好みそうなキャラクターです。和菓子屋を運営していることから、ラビットハウス絡みの話にも顔を出してきます。

 

おまけに主人公(ココア)の同級生かつ同クラスで学校生活を共にするという、非常に美味しいポジションも獲得しております。

登場も2話目からという、決して遅くはない早さです。

 

 

人気が出なかった理由

千夜の嫉妬顔

人気が出ないとおかしいような千夜のポテンシャル。しかしながら、このポテンシャルをもってしても人気が出ていないという事実があります。

なんとも不思議なものですが、以下からは中級難民の蓬莱さんが導き出した考察と結論です。

 

 

①キャラクターの印象が浮かびにくい

人気を獲得するうえで印象はとても大事です。ごちうさは魅力のあるキャラクターであふれていますが、自分で考えてみた各キャラクターの印象を書いてみました。

  • チノ くんかくんかしたい妹系キャラ。髪留めの×印はチャームポイント。
  • ココア 池沼。ぶっとんだ考え方をしているキャラは可愛いよね理論。
  • リゼ ギャップ萌えが素晴らしいキャラ。軍人(小並)
  • シャロ お嬢様系キャラだけど慎ましく貧乏。コーヒー酔い。
  • 千夜 鬼畜和菓子。運動ができない系女子。

 

10秒くらいで思いついたのは以上の通りです。千夜に関しては「鬼畜和菓子」、「運動ができない系女子」が入りました。他キャラと比べて見劣りしない印象な気がしますが、「鬼畜和菓子」の方は何とも不名誉な印象かと思います。

さらに「運動ができない系女子」の印象に関しては、ごちうさ1期5話程度でしか発揮されません。他の話では運動しているシーンが少ないため、キャラの印象としては今一つかもしれません。

 

対して他のキャラクターは、全ての話で遺憾なく発揮できる印象ばかりです。チノは出現するだけでくんかくんかできるし、ココアはずっと池沼だし、リゼのギャップ萌えやシャロのコーヒー酔いも、ここぞとばかりに出しています。

千夜はキャラクターの第一印象では勝るかもしれませんが、一通り原作やアニメを見終わった難民たちの視点からは、印象が薄まっているのかもしれませんね。

 

 

②サービスシーンが足りない

ごちうさは豚アニメですから、当然のようにサービスシーン(萌えシーン)があります。アニメを見るだけで、辛い現実を忘れてブヒブヒ言えるのは、日常系作品の一つの魅力なはずです。

ここで、各キャラクターたちの萌えシーンなるものを考えてみましょう。

 

まずは豚たちを虜にするチノたん

チノの可愛いシーン

ブヒィィィィィィイイイイイ!!!!

あ、ここで変な顔をしてはいけませんよ? ごちうさ難民って、みんなこんな感じですから(適当)

 

画面に映るだけで可愛いチノたん

チノ通常状態

出現するだけで可愛いとか、本当にずるいですよね。残念ながら、これは妹系キャラクターの特権であります。

 

ツンデレリゼさんもしっかりとサービス

リゼの可愛いシーン

うむ、いい表情だ。

抜群のツンデレキャラで人気を手にしたリゼさん。突然のデレシーンは究極の破壊力を持ちますよ!

 

コーヒーブレイクしたシャロちゃん

シャロの可愛いシーン

エロい(確定)

こんなのコミュ障シャイ人間の蓬莱さんでも押し倒せますよ……(大自重)

 

行動一つ一つが可愛らしいシャロちゃん

シャロの可愛いシーン

一般的に好まれそうなものが駄目だったりするのも大変グッド。動物嫌いは一見してキャラクターの魅力を下げがちですが、苦手をウサギに限定したシャロちゃんの行動は観ていて可愛いですね。

 

このように人気投票で1~3位を陣取っている3キャラクターたちは、すぐに思いつきました。全部載せてしまうと記事が飽和してしまうくらいに、大変良いシーンがたくさんありましたよ(犯罪者感)

 

残るは千夜とココアですが……。ココアも結構考えないと思いつきませんでしたね。

犬ココア

ココアの可愛いシーン

ごめん、これくらいしか思いつかなかった。

アホなココアを見てるだけで可愛いから、サービスシーンなんてものは少ない、むしろいらないのでしょうね。多分ですけど(名推理)

 

しかし千夜のサービスシーンとなると、どれだけ考えても思い浮かびませんでした。難民失格だと思うのですけど、検索の力に頼ることにしましょう。

 

ココアを真似る千夜さん

ココアを真似る千夜

検索まで使ってこの結果とか恥ずかしくないの?

多分、千夜さん的にはサービスシーンなのでしょうが…。日常系にありがちな「ブヒィィィィィィイイイイイ!!!!」な感情は出てきません。

結論から言うと、千夜にはサービスシーンというか萌えシーンはありませんでした(率直) この結果は他ジャンルの作品ならいざ知らず、日常系作品においては大きなペナルティを受けてしまいそうです。

 

 

結論:他キャラに相対的に負けた

2つの理由の他にも様々な所説がありそうですが、総括した理由としては「他のキャラクターたちの魅力が大きすぎた」ということになりそうです。

…結局ありきたりな結論になってしまいましたね。しかし、千夜の魅力について考えてたはずなのに、検証すればするほど他キャラの強みがどんどん出てきてしまったのです(汗) こうなってしまえば、このありふれた結論をつけざるを得ませんね。

 

久々のネタ記事でしたね。相変わらずのクソ記事でしたが、読んでいただきありがとうございました!


初回公開日:2017年3月16日

ごちうさの千夜はなぜ不人気なのか?難民が考える究極理論” への4件のコメント

  1. おはようございます

    いやほらきっとあれですよ
    千夜ちゃん推しは形に残らなくても
    脳内でねっとりと楽しみを構築するのがいいんですよ
    1人だけ不憫に売れ残ろうとも、それすらも
    魅力に変えて楽しむという

    いえ単なる私の楽しみ方でした(大自重)

    • コメントありがとうございます!

      >1人だけ不憫に売れ残ろうとも、それすらも魅力に変えて楽しむ
      ある意味では目立ちますよね(苦笑)

      自分だけの楽しみ方っていいですよね。自分も自分なりにチノちゃんをペロペロしますし、シャロちゃんをくんかくんかしますし…。多分ごち豚ならみんなやってそうですね(小並)

  2. なるほど、なんとも興味深い記事(メモメモ
    キャラ自体があまり目立ってないのかもしれないですね。
    あとどちらかというとロリキャラではないから・・・・

    ちなみに自分はシャロが好きです。

    • コメントありがとうございます! 
      かんのシキさんお久しぶりです。こういったクソ記事に食いついてくるあたり、さすがですね!(褒め言葉)

      記事には書きませんでしたが、2chに「公式がついに千夜をはぶるww」なんて記事もありました。
      >あとどちらかというとロリキャラではないから・・・
      メインキャラにおいてチノ以外はロリではありませんから、それは言い訳でしょう(鬼畜)

      ちなみに自分はココアが好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


初回公開日:2017年3月16日