模写絵252「三者三葉」西川葉子


「三者三葉」西川葉子の模写絵

こんばんは、更新を続ける蓬莱です!

どこかのサイトで、こんなものを発見しました。「更新を毎日続けた場合、ある日を境に検索順位が一気に上昇することがある。こまめに更新をするのは、そのブレイクポイントを迎えてからやるべき」。

適度な間隔で長期的な更新が大事と思っていましたが、それはブレイクポイントを迎えてからの話なのですね…。その日が早く来るよう、しばらく1日1記事更新を続けていますが、多分そろそろ限界がくるでしょう(笑)

 

本日の模写絵は 「三者三葉」西川葉子 さんです!

 

2016年春アニメの日常枠です。同時期放映の日常作品「あんハピ」とともに、少しずつファンを集めている作品でございます。

どういった作品なのかと問われれば、良くも悪くもただの日常系です。それ以上でもそれ以下でありません。これが自分が5話まで観た率直な感想になります。

内容は、女子高生達が織りなすありふれた日常を描いたものです。本当によくありがちな日常系作品ですが、普通の女子高生というには独特すぎる肩書き(特徴)を持ったキャラ達が登場します。メインキャラクターについて言うと、EDの序文を借りて「腹黒委員長」「貧乏毎日パンの耳」「胃袋ブラックホール」になります。胃袋ブラックホールだけ滅茶苦茶強そうですね(小並)

 

 

西川葉子さんの紹介

「三者三葉」西川葉子

 

今回模写した葉子さんです。先ほどの3つの肩書きの中で、「貧乏毎日パンの耳」を担当されております。公式サイトでは、「元お嬢様」となっていますね。

性格は元お嬢様ということもあり、気品があって誰とでも仲良く接することができます。1話を見る限り、お嬢様から貧乏になった後は友達を作るのに戸惑っていたようです。しかしながら、もともとのコミュニケーション能力が高いことから、話す機会さえあれば問題なく友達を作っていけるキャラですね。

さらに、お嬢様にありがちな人を下に見るという態度もありません。周りの人はこんな清楚お嬢様を放っておくなんて、損なことをしていますね。なんなら、私が友達に(ry

 

 

あだ名は「葉子様」

 

ちなみにあだ名は「葉子様」です。別に打ち間違えたわけではありません。様づけのままが、しっかりとしたあだ名でございます。

1話では「葉子ちゃん」という普通の呼び方でした。2話において、あだ名を決めてもらうシーンがありましたが、そこでどういうわけか「葉子様」になりました。何か逆に友達から遠ざかっているような…?

しかし勘の良い私は、すかさずこう思いました。さすがに様づけのあだ名は冗談だと思い、「友達だから『様』なんてつけなくていい、呼び捨てでいいのよ!」 とかいう、日常系ありきたりの展開に入っていくと考えました。日常系難民をやっていると、こういった邪道な考えが思いついてしまいますね(汗)

 

ところがどうでしょう? 3話、4話に入っても、まだ葉子様のままです。というか、この調子だと一生葉子様で通していくつもりでしょう。これは一本やられましたね(?) 予想が外れてしまうとは…。

ということは、自分もしっかり葉子様と言わなければなりません(苦笑) この記事、最初の方は「葉子さん」で呼んでいる点が、なかなか凝っていますね!(どうでもいい)

 

 

主食がパンの耳

「三者三葉」西川葉子

前述した通り、主食は毎日パンの耳です。

普通ならば、「ふーん。パンの耳で食いつないでるんだ、頑張ってるね」という認識だけで、事を終えてしまいます。しかし、ここではもう少し深いところまで考察してみましょう。実は少し考えると、葉子様のすごい点が見えてきます。

それは、パンの耳を食べ続ける生活を強いられることになっても、お金持ちだった時代を背景に嫌味を言うことがない点です。少し身近な言葉で言えば、「過去の栄光」にすがらないと言えるでしょうか?

 

普通他の作品でいうお嬢様は、お金がなくなったことによる贅沢のできなさなどに嫌気がさし、ついついわがままを言ってしまいがちです。葉子様だって別に格の低いお嬢様ではございません。幼少時代から、松坂牛が普通に食卓に並ぶような生活を送っております。(4話参照)

そういった生活から一転して、パンの耳だけで生活することを強いられても、文句を言わず生きていける逞しさを考えると、個人の強さが伺えます。松坂牛からパンの耳だと想像しにくいですが、自分の食費がもし半分になったらと考えると、とても厳しいものがあると思います。自分なら文句言いますね(苦笑)

高い順応性という視点から見ると、これほどまでに屈強なキャラクターはございません。日常系アニメに、また一味違ったキャラクターが生まれましたね!

 

※後日談

 

この記事を推敲していて思ったのですが…。

主食がパンの耳というだけで、キャラクターの順応性や屈強さを読み取る能力…。気持ち悪すぎぃぃぃ!!!!


初回公開日:2016年5月16日

模写絵252「三者三葉」西川葉子” への6件のコメント

  1. アカンで。[蓬莱の]でやったら551ばっか出てきよる。
    そもそも、Google様の検索順位ってどう決めてるのでしょうか?
    [ペイント][絵日記]で、ウチが一番上に表示されます。
    『ペイント絵日記』って名前のところを抑えて。
    これはありがたいことなのですが・・・
    [はじめ]で検索すると・・・某YouTuberがたくさん出てきます。
    何が面白いのか分かんね。

    • コメントありがとうございます!

      >アカンで。[蓬莱の]でやったら551ばっか出てきよる。
      これはおそらく、はじめさんのブログの方でコメントした内容に関連してますかね? 確か「蓬莱の」と打てばここのサイトが出るようになっているとお話ししたと思います。これは、そこまで入力してもらえれば、Googleからキーワード候補として表示してもらえるという意味です。

      試しに「ペイント」で入力すると、ペイント、ペイントソフト、ペイント透過、ペイント切り抜き……などと、10個ほどの候補が検索欄の下に出てくると思います。ここに表示されれば、自分的にはOKと考え、コメント欄にてお話しいたしました。
      ちなみにはじめさんの検索方法で自サイトが一番目に出てくるためには、数万PVは必要だと思います(苦笑)

      Googleの検索順位の決め方は、簡単に言って3つの要素があります。ドメインオーソリティ、ワード適合率、Googleからの評価ですね。長くなってしまうので、もっと知りたいときにお伝えくださいませ(汗)

      「ペイント 絵日記」のワードでの検索において、はじめさんの上にいるサイトはございません。「ペイント絵日記」というブログに、内容で勝っているからですね(笑) Googleの検索結果って、少数のサイトだけを優遇しているかのように見えがちですが、頑張っている管理者様には案外優しいですよ~。

      はじめ社長のことですね。私も何が面白いのかは理解できませんが、彼を一種の開拓者として見てみると、残念ながら尊敬せざるをえません(汗) 
      私たちが彼を面白くないと感じる理由は、はじめ社長の狙っているターゲット層が違うからです。彼は主に、中高生に向けて動画を作っているようですよ!

  2. こんばんは

    1日1記事ですか~
    私は今の更新でも結構いっぱいいっぱいですね(汗)

    元お嬢様でありながら見下さずわがままも言わないなんて
    見た目もきれいさに目を奪われがちですが
    芯の強さもあるんですね

    • コメントありがとうございます!
      立ち上げの時期が一番重要だと、いろいろな場所で見かけたため張り切っております。…が、すぐに崩壊するでしょうね(苦笑)

      失脚してから随分時が経っているのでしょうか…? そうだとしても、心の清らかさに対する評価は変わりませんけどね(笑)
      メインキャラクター3人の中では、お胸の方も一番大きくいらっしゃい(ry

  3. この子かわええんじゃ~(*´∇`*)
    三者三葉というアニメの子ですな!
    見なければ!!!

    • コメントありがとうございます!
      日常系作品になりますね! 1話だけでもいいので、観てみることをお勧めします!(少なくとも、あんハピよりは面白い)

      余談ですが、OPとEDの感じは結構気に入っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


初回公開日:2016年5月16日