工学部祭を盛り上げたい理由


「凪のあすから」みうなの模写絵

こんばんは、久々に将棋をプレイした蓬莱です!

相も変わらず研究室で将棋が流行っております。今日は、「ガチな人が指しているところを見たい」という要望の元、ネット将棋をプレイしてみました。一時期初段まで昇り詰めましたが、ブランクがありすぎて持ち時間で負けてしまいましたけれど(苦笑)

 

本日の模写絵は 「凪のあすから」潮留美海 です!

 

 

工学部祭を盛り上げなければ!

昨日は工学部祭カウントダウンの歴史について述べました。今回は、なぜ蓬莱さんが血眼になって工学部祭を宣伝しているかについてお話ししましょう。

ご存知の通り、蓬莱さんは死にそうな顔をして1日1枚絵を描いています。でもそれって、本当に必要な行動なのでしょうか?

 

例えばこう思われる方もいるでしょう。「学園祭と同じ日にやるのだから、適当にやっていれば勝手に人が流れてくるのでは?」と…。確かに1年間を代表する学園祭ですから、一般の方も含めてキャンパス内には多大なお客の出入りがあるでしょう。それならば、工学部祭も コバンザメ戦法で お客が入ると思います。

しかし一般の方は知らないのです。工学部の迫害という状況を…。

 

 

新大祭の開催場所

工学部が迫害…? 一体どういうことでしょうか。これを説明するために、新潟大学のキャンパス図を見ていきましょう。

新大祭の開催場所

青枠で囲まれた部分が、新潟大学のキャンパスです。全長にして、1kmというなかなかの広さでございます。総合大学ということで7つの学部が詰め込まれていますから、当然の広さですね。

さて、オレンジの円部分は、新大祭の領域です。密度は異なれども、ここでサークルによる出店、出し物がされています。赤丸部分は、新大祭が一番盛り上がっている部分です。ここではサークルによる演舞やバンドが、ステージ披露されています。芸能人やアーティストを呼んだりすることもありましたね。

ここで伝えておきたいことは、新大祭はキャンパスの右側で盛り上がっているということです。これをしっかり認識して、次に進みましょう。

 

 

工学部祭の開催場所

次の図で、工学部祭の開催場所を表しています。

工学部祭の開催場所

んん??(困惑)

………

青丸はゴミ捨て場でしょうか…。いいえ、工学部祭です(格言)

 

ご覧ください。これが隔離されていると断言する所以です。メインディッシュの新大祭から、あまりにも離れすぎではありませんか。どんなにしょっぱい出し物をしているサークルでも、オレンジの中にはいますよ?(自重)

新大祭から工学部祭に行くとなると、400mは歩かないといけません。もはや泣けてきますね。距離的にもきついですし、なにより新大祭から見えない場所にあるというのもやばい理由の一つです。どうしてここまで隔離されなければならないのでしょう…(汗)

 

 

まとめ

一応新大祭のパンフレットには工学部祭の情報も載ってはいますが…この状況を考慮すると、何かしらの宣伝が必要ではあります。

祭が始まる前から崖っぷちに立たされているこの状況、それでもなんとかして工学部祭を広めようと、Twitterを駆使して頑張る。こういう意図があって、工学部祭カウントダウンを行っています!

もちろん、まったく実らない結末になるかもしれませんが、それはそれでこのブログのギャラリーが潤うということで良しとしましょう(笑)


初回公開日:2016年9月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


初回公開日:2016年9月25日