最終更新日:2016年4月15日

模写絵237「ハルチカ」穂村千夏


チカの模写絵

こんばんは、たこパに参加できなかった蓬莱です!
参加できなかった理由はいろいろあれども、みんなが楽しんでいる中記事作りを開始するのは虚しいものですね(汗)

本日の模写は 「ハルチカ」穂村千夏 さんです!

正式なタイトルは、「ハルタとチカは青春する」です。タイトル名からして、内容が想像できてしまいそうです(笑) こういった分かりやすいアニメタイトルは、ラノベ風タイトルが当たり前の最近では、珍しいかもしれませんね…。

 

今回は、デレ線の大切さについてお話ししたいと思います。一応模写がメインコンテンツですから、たまには絵のことにも触れなければなりません。と言っても、ここで話せることって本当にしょっぱいことしかないですが(汗)

デレ線が何なのかについてですが、頬に描く線のことです。これを描き入れることで、キャラクターの表情に照れや恥ずかしさを付与させられることが知られていますが、そんなに効果はあるのでしょうか? 正直に言ってしまえば、デレ線と名称はついていても、ただの棒線です。

あまり検証をしている人がいないような気がするので、完成した模写絵からデレ線を抜いてみました。表情が変わるか見ものですね…!

 

tika 1-2

あ、これは怒ってますね(確信)

この表情の変わりようです。頬を消したバージョンだと、完璧に怒っています。恥じらいの欠片もありません(汗) デレ線の効果は絶大でしたね。

 

以上で、デレ線によって表情が変わることを説明しました。誰でも知っているような、本当にしょっぱい内容だったことでしょう(汗) ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

そういえば、キャラクターに照れや恥じらいの表情をさせる際、線をかかずに頬を染めるという手法もありますね。どちらが主流な方法なのかは分かりませんが、個人的には線を書き入れると、表情をより変えることができると考えます!


初回公開日:2016年4月13日
最終更新日:2016年4月15日

模写絵237「ハルチカ」穂村千夏” への4件のコメント

  1. 一粒で2度おいしいとはこのことですね~
    デレとキレが同時に見れるとは
    うへへ~照れますね~(自重)

    ただちょんちょんとつけるだけでも
    ぜんぜん違いますよね~♪

    たこパは参加できずにドンマイでしたね~
    でも蓬莱さんの模写が見れて私は満足だったりします♪

    • コメントありがとうございます!
      オリジナルの絵を描く人なら分かりますよね(笑) デレ線も顔のパーツという認識をしてみると、面白いかなと思っております。…もうすでに書籍とかでは、そういう認識でしょうか?(汗)

      たこパに参加できなかったお詫びに、最新記事ではたこ焼きに関係する模写をしておきました。当日にはまったく間に合っていませんが(苦笑)

  2. ホモアニ(ry
    チカちゃんの目は特殊な色してますよね笑

    デレ線引かなかったらドン引きしてる顔にも見えます(苦笑)

    自分は少し吹奏楽(クラリネット)をしてまして,吹奏楽アニメと聞き最終話まで見たのですが,演奏シーンが最終話ぐらいしかないというちょっとがっかりアニメでした(謎解きとホモが大半) それでも面白かったですけどね
    まぁ個人的にはクラリネット奏者が双子ちゃんとツンデレちゃんだったので満足です()

    • コメントありがとうございます!
      え…そんなにホモニキ♂が湧くようなアニメなのですか…(汗) それじゃあ、蓬莱好みじゃないk(ry

      あれだけ吹奏楽を押しているのに、演奏シーンはそんなに少ないのですか!? うーむ、これはネタになります。ハルチカはもう一度描く予定なので、その時に使わせていただきたく思います! 
      それにしても、クラリネットも操れるkonさんの万能ぶりは一体…(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


初回公開日:2016年4月13日
最終更新日:2016年4月15日